涼より量。

「アートアクアリウム展2012」という催しに行く。
場所は日本橋三越の斜め向かいにある「コレド室町」内にある三井ホール。
d0117565_2114881.jpg

会場内は金魚だらけ。もう、これでもか!というくらい金魚がうじゃうじゃ。
d0117565_2161811.jpg

アクリルの水槽がいくつか設えられていて、それらが照明によって青、緑、黄、赤と刻々と色が変わっていく
d0117565_21295764.jpg
d0117565_2134122.jpg

金魚ってーのは外光の変化には鈍感なのか、平然と泳いでいる。
d0117565_21232843.jpg

d0117565_21103641.jpg
d0117565_21105810.jpg
d0117565_2116917.jpg
d0117565_21164376.jpg

今回のコラボの一つ・ベネチアグラスの金魚鉢のコーナー。中に金魚が入っていないのが残念。きっと水の管理が大変なのだろう。
d0117565_21135562.jpg

このほかにも、金魚が泳ぐ水槽の後ろに四季の風景を写しだした「水中四季絵巻」。
d0117565_2120354.jpg

こちらは屏風仕立ての水槽の後ろに影絵が浮かぶ。
d0117565_21232137.jpg

アクアリウムアートと銘打ってはいたが、どちらかというと金魚の品評会を兼ねた金魚の水族館っていう感じだった。

ところでコレド室町だが、一階に鰹節の「にんべん」が入っており、一角に「日本橋だし場・DASHI BAR」なんていう、出汁専門のスタンドがあった。
d0117565_2133542.jpg

試しに鰹節の冷やだしと言うのを飲んでみた。

自分で味付けする。
d0117565_213748100.jpg

100パーセント天然の鰹節を惜しげもなく使った(と思われる)だし汁はじつに美味。セブンイレブンのおでんの汁もこれにはかなわないぞ。

その後三越に寄って日本伝統工芸展をさっと拝見。
瀬戸時代、同じ釜の飯を喰った友人の作品に出会えたのが嬉しかった。


ウチに帰って来てから飼っている金魚に餌をあげた。
アロワナなんかの餌にされてしまう、ただの小さな和金だ。
今日は立派な金魚をたくさん見たけれど、やはり飼っていると情が移るのか、ウチの金魚が一番愛らしく思えたのであった。


きょうのお土産・ブリキの金魚の根付け
d0117565_2204453.jpg

by katabami03 | 2012-09-21 22:03 | 展覧会・イベント | Comments(2)
Commented by アート at 2012-09-22 20:25 x
私の教室に金魚オタクオジサンがいます。毎年、出品作は金魚で。
どうでしょうか、といわれても異形の見たことない金魚の絵に困ります。
バックの藻のバランスを変えるとか、金魚の墨色の強弱を変えるくらいしかアドバイスできなくて。金魚って種類多いのね。
Commented by risi@いけばな at 2012-09-22 21:16 x
>アートさん
金魚オタクにはたまらない展覧会だと思います。頭や腹の大きいのやら、目玉が異常にとびだしているのやら、錦鯉みたいなのやら・・・まあ、いろんな種類がいるのに驚きました。
私としては普通の和金か、せいぜい尻尾が三つくらいに割れているのが好きですね。
<< VANISHING。 告知。 >>