ザッときてパッと止んでザッときて・・・。

基本、アウトドア派。自然大好きを常々標榜しているものの、所詮、出自は都会のもやしっ子のrisiです。

ところでまあ東京地方に限って言えば、このところの天候の何と小気味いいことか!
「晴れ時々曇り一時雨所により雷をともなう」・・・ってようするに何でもアリ!
気象庁の人達の苦悩は察するに余りある。まあ現実的にそうとしか発表しようのない天気が続きている訳だ。
自身、毎日傘を持参しているにもかかわらず、幸いなことにそれを使わずにすんでいるが、いきなりの雨に往生した方もいることだろう。そういう方には申し訳ないが、自然の気まぐれに翻弄される人間達。
冒頭の言に戻るけれども、増長した人間に対する手痛いしっぺ返しのようで、それが小気味よく思えるのだな。

台風が呼ぶ雲。
d0117565_22481497.jpg


とはいうものの、春過ぎからの雨続きで多大な被害を被った九州、四国、中国地方や、今回の紀伊半島~中部地方に関しては本当に気の毒だと思う。
これを書いている今も急に激しい雨が降ってきている。関東地方は給水制限にも成りかねない状況だというのに、なんとも皮肉なことだ。

雨上がり。
d0117565_22564642.jpg


そういえばもうすぐお米の刈り入れの季節。
刈り入れと台風はまさにワンセットみたいな感じだが、今年は今のところ台風による大きな被害は聞かれない。
穀倉地帯、つつがなくあってほしいと思う。
by katabami03 | 2012-09-18 23:03 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)
Commented by 風うたい at 2012-09-19 05:46 x
天候の急変がめまぐるしいですね。米どころでは稲刈りの季節、台風の影響がありませんように。先日、大町の息子のパートナーの実家では、例年より早めに家族を動員して行ったようです。干魃と大雨という変則的な気候が、米の作柄にも響かないといいですね。
Commented by katabami03 at 2012-09-19 21:35
>風うたいさん
ここにきて台風などの被害にあったら、数か月の苦労が水泡に帰してしまうわけですから、農家の人達は気が気ではないでしょうね。
妻有の田でももう刈り入れは始まっているのでしょうか。
<< 支柱が必要か? 告知。 >>