告知。

三年に一度、新潟で開催される「大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ」。
・・・・・ああ、もう三年たってしまったのか。
というわけで今回も私が属する「Fの会」が参加する。

宣伝を兼ねたプレ・イベントとして、連続トークが開かれる。
d0117565_22312327.jpg

我らが「いけばなの家」を代表して、下田尚利、早川尚洞両先生が登壇する予定だったのだが、下田先生が体調不良のため、ピンチヒッターとして、かとうさとる先生と私が出ることになってしまった。
どーもこういうのには気が進まないのだが、当日司会進行を勤められる美術評論家の三頭谷先生の希望とあらば致し方ない。主役は早川、かとう両先生におまかせして、添え物として参加させていただくことにした。

日時:6月17日 14:00~15:30
会場:渋谷ヒカリエ8階8/COURT
料金:各回一般1000円/高校・専門・大学生500円(大地の芸術祭パスポート所持の方は一回無料。

作品制作に集中するためには雑事に振り回されたくないのだが、これも大地の芸術祭の一環ということで楽しみたいと思う。

ご来場、お待ちしています。
by katabami03 | 2012-06-02 22:48 | 展覧会・イベント | Comments(4)
Commented by desire_san at 2012-06-03 07:50
こんにちは。
大地の芸術祭に参加されるのですね。生け花という芸術を多くの人にしってもらうのは良い企画ですね。
ただ私としては、「Fの会」の作品展のような機会があればぜひ行ってみたいと思います。いろいろなジャンルの芸術に興味を持っていますので、本格的な生け花の秀作を体験したいと願っています。機会があればご紹介いただけると嬉しい限りです。
    E-mail ;kazuo.hasumi@luck.ocn.ne.jp
私のブログにもコメントをいただきありがとうございました。
Commented by katabami03 at 2012-06-03 22:21
>desire_sanさま
山の写真や美術展のレポート、楽しく、興味深く拝見させていただいております。
これからも楽しみにしております。
Commented by 風うたい at 2012-06-04 08:46 x
いよいよですね。先日、阿佐ヶ谷の街でポスターをみかけました。3年の時間は長かったのか、短かかったのか
蓬平の「いけばなの家」までの山路をドキドキしながら辿ったあの感動が昨日のことのように蘇ってきます。今回は、どんな素敵な演出で楽しませていただけるのか、期待が膨らみます。
Commented by katabami03 at 2012-06-04 22:30
>風うたいさん
そう、いよいよです。
大きな仕事も一段落して、少し余裕ができたので、はやる気持ちを抑えて最終的なプランを練り直しているところです。
入魂の夏に向けて。
<< 主のいない風景の中で。 手抜きはしないと心に誓ったので。 >>