・・・で、創意工夫の朝。

東京近郊の多くの人達が見たと思う金環日蝕、昨日まで「ケッ」と思っていたけれど、やはり見てしまった。
幸いにも末息子が学校で支給(?)された日蝕メガネを持っていたので、太陽の欠け始めはそれを活用。お隣のおじさんおばさんも出てきて皆で回し見しながら、ちょっとしたご近所フィーバー。
それもつかの間、7時10分頃に息子が学校に行ってしまった。
その後穴をあけた厚紙に写したりして、「おお、見える見える!」などと感嘆するも、いささか欲求不満。
d0117565_21432985.jpg


ほんの昨日まで、コンビニ、東急ハンズ、家電量販店などなど、どこに行っても1000円前後の「日蝕観察メガネ」を売っていたのだが、「コレを買って、当日曇りだったらバカみたいだよなあ」という、まことにケチくさい守銭奴根性が脳裏をよぎり、買わずじまいだった。ト、これは誤算だったな・・絵にかいたような「後悔先に立たず」だ。

・・・で、まあ、目に悪いから下敷きで見てはいけない、とか随分と言われているけれど、ウチら子供の頃ははみんな下敷きで見ていたし、それが原因で目を悪くしたという話も聞いていないし・・・てことで、あわてて色付きのクリヤーファイルやらCDケースやらを試してみたけれど、すべて徒労。
そこで、思いついたのがコレだ!
d0117565_21581028.jpg

サングラス3枚重ね!

結果はというと・・・これでもまぶしい。
3枚重ねてさらに目を細めて見ると、ん~~、ま、シロートが観察するには十分でしょ。

もう東京でコレを観れるのは何百年か先になるという。
思えば、二十数年前にハレー彗星も見たし、今回は金冠日蝕も見れたし、生まれた時代に感謝せにゃならんなぁ。
by katabami03 | 2012-05-21 22:14 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)
Commented by アンナ at 2012-05-24 17:20 x
我が家は、孫の小学校支給の手作り(フィルムを紙に張り付けた)簡易メガネで主人以外(まだ寝ている)は一応見ました。
孫が中心でしたから、貸して~と言いながら忙しい朝にバタバタしながらの観賞でした。
孫が一番良く見えたようです。 ヤレヤレでした。
Commented by katabami03 at 2012-05-24 23:30
>アンナさん
なんだかとっても幸せそうな光景。
日蝕にはいろいろな効果があるんですねえ。
Commented by 風うたい at 2012-05-25 16:39 x
雲の切れ間から、きれいにみえましたね。写真はモノトーンになさった映像でしょうか? 私は太陽光しか通さない日蝕眼鏡で、輪がつながる瞬間まで堪能しましたが、その間メガネはご近所の方たちの間をいったりきたり… 6日の金星ショーには再登場…かな(笑)
Commented by katabami03 at 2012-05-25 21:41
>風うたいさん
ピンホールを通した光を黒っぽいシート状のものに写したので、モノトーンになったのだと思います。
メガネ一つでご近所とのコミュニケーション、わが家でも、こんなことならウチも買っておけばよかったね、とカミさんと反省したのでした。
<< 命の洗濯は疲れる。 今更青春でもないけれど。 >>