告知せず済みませんでした。

いけばな協会展を開催中。
はて、告知をしたのかしなかったのか?
う~ん、忘れてしまったようだ。ひらにご容赦を。

一次展(7,8日)は時間がなくて拝見出来なかった。
二次は自分も出品しているので、本日ザッと拝見してきた。

エライ人の作品では工藤和彦先生の作品が元気元気。
d0117565_2236516.jpg

今年86歳になられるそうだが、パワフルな色香すら感じさせる。

早川先生の大らかな間合い。
d0117565_2238899.jpg


小さな作品だったが、いろいろな意味でいかにも小原流らしい一作。
d0117565_22394373.jpg


藤原さんトコのお社中の作は伸びやかに錯綜する線が魅力。
d0117565_22424942.jpg


粕谷先生んちの尚弘君は若さいっぱい。
d0117565_22435244.jpg


全体、草月流の秀作が目立った。
d0117565_22452999.jpg
d0117565_22454072.jpg
d0117565_22455464.jpg

パターン化されていると言えなくもないが、「造形る」と書いて「いける」と読ませた蒼風師の教えが浸透しているということなのだろう。

拙作は直門の大門理正との合作。紅白の木瓜(ボケ)を置き合わせてみた。
d0117565_22493155.jpg

生花(古典花)を生ける機会が少ないので、この展覧会では生花を生けることにしている。

ところで会場の上野松坂屋は都内でも古い百貨店なのでエレベーターがいい味なんだな。
d0117565_2253551.jpg

搬器(というのかな?)の到着を知らせるランプと、どこの階にいるのかを表す時計みたいな盤。
針が行ったり来たりするのが好きなんだ。
by katabami03 | 2012-03-09 22:58 | 展覧会・イベント | Comments(0)
<< 御身お大切に。 広告2景。(リシノメ132) >>