告知。

本日「いけばな雑司ヶ谷2011」の搬出終了。

4日間で1000人を超える入場者があり、先ずは成功と言えるだろう。
地元ということもあり世話人を引き受け、役所との折衝等いろいろあったので感慨もひとしお。
しかしまあ、今展も含めて「現代いけばな」の来し方行く末を思うと、無邪気に喜んでばかりもいられない。

問題は、どうしたら内輪のお祭りで終わらせない事が出来るか。それに尽きる。

幸い今回は豊島区の区長さんや、文化関係の外郭団体の現局長さんや元局長さん等、役所の方々にもおいでいただき、行政の方たちにも何がしかのアピールは出来たことと思う。
これを今後どのように広げていくか・・・、何せ、戦略戦術などといった世界とはもっとも対極にいる物造りの集まり、どこまで行けるものやら・・・。
嗚呼、暗く心もとない道のりだなあ。


旧高田小学校の校庭の片隅に水仙の莟み。
d0117565_2224883.jpg


秋をダダダっと駆け抜け、気が付けばもうじき冬。
これで今年の行事はおしまい、と言いたいところだが、もうひとつ告知を。

d0117565_22265139.jpg


2009年の大地の芸術祭以来のライブ・パフォーマンス。
12月21日 明大前キッド・アイラック・アート・ホールにて、映像作家のヒグマ春夫さんとのコラボレーション。

展覧会が終わったばかりでまだ頭の切り替えが出来ていないのだが、今度は自分も楽しもうと思っている。
詳細は再告知いたします。
by katabami03 | 2011-11-21 22:33 | 展覧会・イベント | Comments(0)
<< 芸は身を助けるというが。(リシ... ぶっ続けで。 >>