港に船が。

南三陸町に行ってきました。
例によって野菜を満載、他にはそうめんと麺つゆ、すこしばかり子供のおやつと花火、そして花。

志津川の港内に浮かぶ漁船。
d0117565_23284846.jpg


それにしても国分寺~南三陸往復970㎞、しんどかったわぁ。
by katabami03 | 2011-07-08 23:34 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(3)
Commented by nageire-fushe at 2011-07-10 11:37
お疲れさまでした・・・・・
自分にはとても真似できないです。
すばらしいです!
Commented by LABO雲 at 2011-07-10 13:11 x
この静かな海面の底に・・・・・。
波に呑まれてしまった人々には復興はない。
魂は生きていると信じたい。
丸四ヶ月。草が生えていますね。
Commented by katabami03 at 2011-07-10 19:42
>nageire-fusheさん
現地の人達が親戚のおじさんやおばさんみたいに思えてきて、行くのが楽しいんですよ。
こんな非効率なことは真似しなくてもいいですよォ。
大切なのは「忘れないこと」だと思います。

>T先生
多くの恵みを与えてくれる海ですけど、自然ていうのは時々残酷なことをしますよねえ。
原始の時代から連綿と続いてきたこと。
人間の何とちっぽけなことか・・・。

<< 旅に出たくなるような。(高崎物... 驚きが喜びに変わるとき。 >>