ブラリ横浜。

草月流の日向洋一先生からご案内をいただいた。
今回は陶芸家の中村豊さんという方とのコラボとのこと。

横浜高島屋の会場に行く前にまずは腹ごしらえ。
久しぶりに中華街をぶらつき、さて何をたべようかあれこれ迷ったが、お粥の「謝甜記」に入る。
d0117565_21431282.jpg

中華街もしばらく来ないといろいろなところが様変わりしているが、20年振りくらいに入ったこのお店は全く変わっていない。
私は貝柱のお粥、かみさんは海鮮の三鮮粥を注文。
d0117565_21462884.jpg

みたところただの粥だが、底に貝柱がごっそり。
サイドオーダーは鳥の唐揚げ梅肉いりソース。
d0117565_2149223.jpg

梅肉とあったのでてっきり梅干しを使っているのかと思ったが、勝手な先入観だった。
ほのかに八角の香りがする甘めのソースが美味。

腹も満ち足りたところで横浜高島屋に向かう。

画廊前の展示台に置かれた作品。
d0117565_21551599.jpg

ショーウインドーの中の作品。
d0117565_21555478.jpg

画廊に入って正面に飾られた作品。
d0117565_2156445.jpg


中村豊さんの作品はどれもゆったりとした大らかさが感じられ、日向先生の花も鷹揚。
衒いのない大らかな空気が会場に横溢していた。

日向先生にお見送りいただいた。ボケちゃってごめんなさい。
d0117565_2202594.jpg



横浜高島屋7階美術画廊にて6月7日まで開催
by katabami03 | 2011-06-02 22:02 | 展覧会・イベント | Comments(6)
Commented by みさき at 2011-06-03 10:33 x
おお、「謝甜記」
お客が外に並んでいないの初めて見ました。
いつも長蛇の列で入った事ないのです。

と、本題と違うコメントでゴメンナサイ(^-^;
Commented by katabami03 at 2011-06-03 23:15
>みさきさん
平日で小雨模様の天気で人足は少なかったです。
着いたのが1時過ぎで入るときは少し並びましたが、出る時はこんな感じでした。
海員閣なんかも人は並んでいませんでしたね。以前はあの行列を見てそそくさと別の店に行ったのに。
Commented by nageire-fushe at 2011-06-04 15:09
白い器に花、今らしい花姿すばらしいですね。
美しいです。
「謝甜記」しばらく行ってません。
自分のはいつも、モツ入りを注文します。
油杖をちぎって・・・おいしいですよね。
Commented by risi@いけばな at 2011-06-04 23:15 x
>nageire-fusheさん
おお、fusheさんも謝甜記ファンでしたか。
お土産に焼売を買ってきました。海老がいっぱい入っていて相変わらず美味。
Commented by at 2011-06-10 12:16 x
昔はなかったと思うんですが、栗の押し売り注意の看板が立つようになったんですよね、中華街。確かに結構みんな強引。
Commented by katabami03 at 2011-06-10 23:51
>福さん
そうそう、栗の売り子がしつこいんですよね。
はい、しっかり買ってきました。
<< 人民解放軍ってか。 貼函(はりばこ)の世界。(リシ... >>