ママァ~ドゥユ~リメンバァ~♪(高崎物語34)

高崎というと烏川(カラスガワ)を想い出す。
以前、関越高速道がなかった頃信州方面に行くには東京からは国道17号をたどり、高崎市内で烏川沿いの道をしばらく走り、少し先で18号に入るのが一般的だった。

市内を流れる烏川。
d0117565_21544289.jpg

左岸に沿って国道17号が走る。
その左側、昔高崎城があったところには現在は市役所、裁判所、音楽ホールなどの公共の建物が並ぶ。

烏川に掛る和田橋。先に見えるのは観音山。
d0117565_2159169.jpg

和田橋付近から上流を望むと、川は二手に分かれる。
d0117565_22123053.jpg

右に見えるのが本流の烏川で、源流をたどると倉渕村から北軽井沢近くの峠付近までいく。

左は碓氷川。
その名の通り碓氷峠、そして霧積(キリズミ)温泉方面を源流とする。

霧積といえば思い出すのは、映画「人間の証明」。
そうです、中高年の皆さんは良くご存じでしょう。西條八十の詩を英訳した、あのジョー山中さんが歌う、♪ママァ~ドゥユ~リメンバァ~♪
松田優作さんは余り覚えていないんだけど、岡田茉莉子さんの毅然とした姿が切なくて切なくて、この曲を聞くとうるうるしてきちゃうんだよねぇ。
ジョー山中、どうしているんだろうねえ。

烏川沿いの17号は片側一車線でいつ来ても渋滞していた。
それがまあこんなんなっちゃって。
d0117565_2249518.jpg

まるで高速道路みたいだ。
またしても時の流れを感じてしまう。
by katabami03 | 2011-05-08 22:18 | 高崎物語 | Comments(7)
Commented by LABO 雲 at 2011-05-08 23:25 x
川とか水の流れは不思議な存在。切なくなったり、郷愁をおぼえたり。どうしてなのでしょうね。ジョー山中の声は、川みたい。
Commented by りん at 2011-05-08 23:46 x
この題で 人間の証明を 思い浮かべた私も やはり 中高年に属するのでしょうね。この曲 昔 映画音楽に 凝っていたときに  砂の器と ともに よく 弾きました。 とても いい曲ですね。は~ 懐かしいな~。
たぶん 中学の時だったような。。。
Commented by 純イチロー at 2011-05-09 03:28 x
ジョー山中でっす、まことに光栄でっす。ごつあんでっす
Commented by 風うたい at 2011-05-09 17:32 x
「母さん、ぼくのあの帽子どうしたでしょうね」(『人間の証明』…ですね。
烏川といえば、信州・安曇野堀金あたりに流れているあの川でしょうか? 
川は、源流を探りたくなります。
来週は私、乗鞍高原方面へひとり旅を計画しています。
郷愁にかられて?(笑)
Commented by risi@jcom.home. at 2011-05-09 22:12 x
>T先生
「もう戦後ではない」と総理大臣が言った時代の生まれですが、おぼろげながらレアリティーをもって戦後を感じられる、最後の世代だと思います。
昭和がどんどん遠くなっていきます。

>リンさん
いやいや、リンちゃんは中年というには早過ぎる。
でもコレをリアルタイムで聞いているとは意外でした。
う~ん、今夜はyou tubeでもきいてみるか。

>純イチローさん
あ、山中さんでしたか。
ひところレゲェをやっている、なんてうわさも聞きましたけれど・・・。

>風うたいさん
信州は山の向こう側なので、高崎を流れる烏川とはちがうのでは。
ひとり旅、いいですねえ。
Bon voyage!
Commented by 風うたい at 2011-05-10 11:29 x
川違い…。利根川水系と信濃川水系の違いも分からないなんて…ハズカシイ(苦笑)
Commented by risi@いけばな at 2011-05-10 21:09 x
>風うたいさん
碓氷峠、妙義山、それから西方奥秩父の山々に連なる稜線が分水嶺なんですよね。太平洋側は意外にせまいですから勘違いも。
そうそう、松本城は別名「烏城」、その辺の潜在意識もあったのではないでしょうか。
<< ひたぶるにうら悲し。(リシノメ... 満天星躑躅。 >>