急告!

福島の子供達が心配です。

以下「美浜の会」からのメールの一部です。
詳しくは同会をご検索ください。




福島の子ども達を救おう。 
 文部科学省は、福島県内の学校の被ばく基準について、年20ミリシーベルトの被ばくを子ども達に適応しようとしています。
これは、原発管理区域の基準である3ヶ月1.3ミリシーベルトを大きく上回るものです。放射線の影響を受けやすい子どもに、このような高い基準を適用しようとしているのです。
現在の一般人の基準は1ミリシーベルトです。

 文科省は21日(木)にも基準を発表する可能性が高くなっています。
 何としても撤回させましょう。
★ 政府交渉に参加してください。
★ 参加できない方は、下記から文部科学省に抗議の声を届けてください。
  福島の子ども達に20ミリシーベルトの適応を撤回するように。
  全国の学校関係者も声をあげてください。

  ★抗議先
    文部科学省:https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry09/
          電話番号:03-5253-4111(代表)
    首相官邸:https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html




21日には間に合わないという人も是非異議申し立てを。
by katabami03 | 2011-04-20 19:11 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)
Commented by リン at 2011-05-24 08:41 x
福島の子供たち やはり 福島においておけない。。。本当は 子供だけではなく 全員 福島から避難しなければいけないような気がします。
福島県以外の 親たちも 反対しつづけないと いけないと 思います。
Commented by katabami03 at 2011-05-24 23:08
>リンさん
やはり国が責任をもって避難させるべきでしょう。
そうですね、一度でおしまいではなく継続が必要ですよね。
<< 焼け石の水にも五分の魂(?)。 ぜ~んぜん不便じゃないもんね。 >>