おとなの街が帰って来た。

研究会は毎月第3日曜をはさんで行っているが、先週は原発事故や交通機関の乱れで中止し。一週間遅らせて開いた。
今日は教授者の研究会。
花材は彼岸桜の古典花(生花)と、同じく彼岸桜にオクロレウカ、ストックの自由花。

自由花クラス、Hさん作。
d0117565_22485471.jpg

新しい教室は広くはないけれど窓が広くて明るいのが気持ちいい。窓辺に置くと雰囲気もひとしお。
同じくYさん作。
d0117565_2250398.jpg


夜のクラスを終えての帰り道、サンシャイン60の中は節電でいつもよりかな暗い。でも特に不自由は感じないし、どことなくおとなの雰囲気でむしろ好もしい。

池袋駅前も少し暗い。
d0117565_22594252.jpg

でも子供のころは、街灯や窓の明かりは今よりもずっと暗かった感じだし、ネオンも少なかったから、昔を思えばまだ明るいような気がする。
その気になればもっともっと節電できると思う。そうすれば計画停電なんてしなくとも済むのではないだろうか。政府は何で規制しないのだろうか。

どーも「原発がないとこんなに不便なんですよ」という東電の陰謀が見え隠れするが、うがちすぎだろうか。
by katabami03 | 2011-03-26 23:05 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)
Commented by 純イチロー at 2011-03-27 22:19 x
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%95%86%E7%94%A8%E9%9B%BB%E6%BA%90%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0根っこはもっと深いところにあるようです。
Commented by 風うたい at 2011-03-30 11:14 x
自然光のさす窓辺に置かれた自由花、美しいです。
命の色がみえるみたい。
Commented by risi@いけばな at 2011-03-31 22:53 x
>純イチローさん
まあ今更変えることもできないでしょうしねえ。
今後は取り敢えず天然ガスなどによる火力発電、そして自然エネルギーの研究と実用、そして序々に原発を廃止。
こんな流れを目指したいですね。
Commented by risi@いけばな at 2011-03-31 22:58 x
>風うたいさん
新しい教室は窓が広くて明るいのが嬉しいです。
ここに花を置くと美しい、これは思わぬ発見でした。
窓を開けることが出来ないのは新しい建物の不便なところですが…。
<< 2011年3月。 花を生けれる幸せ。 >>