随分浴びたなあ。

昨日はヤバい風が吹いていたので出来れば家を出たくなかったのだけれど、そういうわけにもいかず外出した。
思えば原発事故発生以来、随分風に助けられているのではないだろうか。
事故発生当初、建屋がボッカンボッカンぶっ飛んでいる頃、数日間強い西風が吹いていた。あれは一種の神風とでも呼んでいいものだと思う。
確証はないけれど、多分相当量の放射性物質が大気中に放出されたのではないだろうか。
当然だが海洋汚染は進んでいると思われるが、もし陸に向かって風が吹いていたら、今とは比べ物にならないくらい土壌が汚染されたのではないだろうか。
そして人々の頭上にも「今のところ」人体に影響のない放射能がまき散らされたことだろう。

何をしても気持ちが乗らない、そんな今日、末息子の小学校卒業式があった。
d0117565_2234236.jpg

子供たちの誇らしげな姿に救われる思いがした。
希望を捨ててはいけない。
諸々の怒りは取り敢えず腹に収めておいて、前に進もう。


都心よりも2,3度低い当地でも寒緋桜が咲き始めた。
d0117565_22391625.jpg

by katabami03 | 2011-03-24 22:39 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(6)
Commented by 日本橋うさぎ at 2011-03-25 00:46 x
放射線を浴びてガンになるかどうかはあまり分からない程度なんですが。
実際風が吹くと、どっちから吹いても花粉が飛んでくる季節なので、そちらの方が難儀してる人が多そうです(笑)。

息子さん、ご卒業、おめでとうございます!
Commented by みさき at 2011-03-25 10:18 x
ご卒業、おめでとうございます。

怖い気持ちと、開き直る気持ち、避難先(親戚は全部同じ区内)がない。
余震さえ治まってくれれば、安眠できそうな・・・
原発は最悪な事態にならないよう、命をかけてくれている方々を信じます。
Commented by 風うたい at 2011-03-25 16:57 x
息子さんのご卒業、おめでとうございます。
ふかく心に刻まれる日となることでしょうね。
寒緋桜、咲き始め、気がつけばもう陽射しの春です。
風向きによって、一喜一憂する日々がこれからどれだけ続くことでしょうか。
伸びゆく命を摘まないで。
Commented by katabami03 at 2011-03-25 23:45
>うさぎさん
ま、タバコやめますか、放射能やめますか、くらいなもんで。
でもまあいろいろなリスクを背負っているので、これ以上増やしたくはないですよね。
そうそう、花粉症もね。

>みさきさん
テレビで見る情報がどこまで信用できるのか疑心暗鬼ですけど、上記「日本橋うさぎ」さんのレポートは説得力ありますね。
暇があったら覗いてみるといいと思います。
それにしても諸々の怒りが増すばかり。平静を装うのに必死の昨今です。

>風うたいさん
まあ今度は中学生になるわけだから、結構大きいといえば大きいんですけどね。
小さな命が身近にいるとなるととても人ごとでは済まされないでしょうね。
心中お察しいたします。

こういういやーな苦しみはもうたくさんです。怒!
Commented by 純イチロー at 2011-03-26 01:43 x
自分の卒業式はパッとしなかったものですが、子どもの卒業式はいいものです。しかし震災で卒業できなかった子どもたちを思うとつらい思いがあります。結局人間同士、人類対地球は敵対しながら生きて行くしかないのでしょう。
Commented by katabami03 at 2011-03-26 23:13
>純イチローさん
ネイティブアメリカンとかアフリカあるいは中南米やニューギニアなどの諸民族のなかには、文明的には遅れているけれども、自然と共存する知恵や高い精神性をもった人々がいるやに思います。
日本人も本来は自然と折り合いをつけながら生きて来た民族のはずなのですけどね。
<< 花を生けれる幸せ。 復活を願いつつ。 >>