急告!

ネットで見かけた仙台の情報です。
何でもいい、できることをしましょう。

「県内の皆様、壊滅的な被災地方面の皆様、残念に思います。現在の宮城県内の様子を伝えます。
まず、今日仕事の同僚に会えました。同僚の住まいは県内の壊滅的被害地域で、2日前に仙台市中心部から徒歩で家族の安否を確認しに向かいました。下半身水に浸かりながら、道路に散乱する死体を避けながら何十キロと歩きました。事実です。
今私達がもっとも必要としている物は、水、食料、電気、ガソリン。それらを手に入れる為に今、街中は車と人でごった返しています。スーパーに1日並んでも買えなかったり、買えてもごくわずかの量。食欲を満たせないまま寒い夜を真っ暗の中、次の日を迎えまたどこか食料を探しに向かいます。買える保証はありません。ガソリンスタンドに並べば決まった数量、決まった金額。または、並んでるうちにガス欠し、携帯も電源が切れて立ち往生。やっと家族と会えたのにまた離ればなれ。ガソリンを入れられた人は食料と一緒で、満タン入れられないまま次のガソリンスタンドを探します。または買える保証のない食料を調達しに行きます。またガソリンが減り、またガソリンスタンドを探します。これを繰り返しておりもうすぐ食料、ガソリンの在庫は無くなります。それらの搬入の見込みは立っていません。これは県内の壊滅的被害を受けていない仙台市中心部やそれ以外の地域の話です。壊滅的被害地の救助、援助が最優先なのはもちろんです。しかし、この状態が続けば壊滅的被害地域以外の地域で大規模な暴動が起こります。テレビやラジオでは流されていないと思いますが、実は仙台市中心 蝿ネ外のところで窃盗等暴動が起きています。仙台市中心部で暴動が起きるのは時間の問題かもしれません。そうなれば宮城県は終わりです。

お願いです!このメールを見た人は出来る限りの力を我が宮城県に貸して下さい。この苦しみ悲しみ、全部をたくさんの人に伝えて下さい。とにかく明日生きるか死ぬかわかりません。出来るだけ早く、早く物資を届けて下さい。このメッセージが日本中に届き、何年かかるかわかりませんが平和な宮城に戻ることを祈ります。」
by katabami03 | 2011-03-16 08:00 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(5)
Commented by joe at 2011-03-16 11:12 x
今、私たちは何が出来るのでしょうか?
出来る範囲の募金と、被災地の方々の無事をを祈るばかりです。。。
Commented by risi@いけばな at 2011-03-17 07:23 x
>joeさん
ニュースを見ていると徐々にですけど、何が必要か、何をしない方がいいか、などが見えてきているようです。
私たちの対応のしようも見えてくるのではないでしょうか。
Commented by みさき at 2011-03-17 09:45 x
仙台空港も少し使えるようになってきたので
物資の大量輸送も可能になるのでは。
うちの東北支店も、死者はでませんでしたが、家が流された方もいます。
月曜日から、トラックを探し全国の支店から集めた物資を送っています。

私たちは、節電と募金、買占めをしない。これができる事だと思います。
Commented by いとへん at 2011-03-18 19:06 x
昨日の夜中に日本に住んでいた友人が(仏人)こちらへ戻ってきて我が家へ泊まりました。友人は奇しくも仙台在住でしたが地震発生の前日に所要で関東にいて難を逃れました。ですが、反面関東で感じた地震で危険性はあまり感じてなかったようでしたが、帰国命令がでたので今回の帰国と相成ったようです。原発の件が落ち着いたらまた日本へ戻るようです。原発の危険性レベルが何しろ第一懸案事項ですよね、とにかく洗濯は外に干さない、野菜は外に置かない、外出時は帽子をかぶる、体内被曝を多くの皆さんが防げるように今はこの遠くで祈るしかありません。。。
Commented by katabami03 at 2011-03-21 23:37
>みさきさん
そう、それくらいしかできないけれど、それをキッチリとやるべきなんでしょうね。
東北支店ですか、身近かに知り合いがいると切実さもまたひとしおのことと思います。ご無事をお祈りいたします。

>いとへんさん
ドイツのような環境先進国は今回の事態をどのようにみているのでしょうかねえ。
フランスもどちらかというと原発推進国でしたよねえ。
日仏両国とも、今回の事態を契機に脱原発に向かってほしいものです。
<< 復活を願いつつ。 買い出し狂奏曲。 >>