憤り。

ニュースの映像を見て、津波のすさまじさに唖然とする。
映画で見るCGは確かにすごいけれど、どこか安心して見ている自分がいる。
これは違う。背筋が凍る、とでもいった恐ろしさ。

昨年仙台に行った折に尋ねた志津川という街を想う。
d0117565_2213149.jpg

('10、6月15日参照)
津波はこの要塞のような堤防を易々と乗り越えたのだろうか。
お昼を食べた食堂のおばちゃん、港で会ったおじさん、公園で遊んでいた子供達・・・無事であることをひたすら祈る。


それにしてもだ!
何なんだ、この原発事故。

原発は安全だ安全だと何度言われ何度裏切られてきたことか。
バックアップが用をなさないとは余りにお粗末すぎる。
明らかに人災!

こちらも大事に至らぬことを祈るばかり。
by katabami03 | 2011-03-12 22:21 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)
<< 街は生き物?(高崎物語32) いたたまれない。 >>