膝痛、その後。

私には関係ない、と思う方はスルーしてください。


少し経緯から話したい。

膝に痛みを感じるようになったのは5,6年くらい前からか。
普段の生活では特に違和感など無かったが、山歩きをしたときに、特に下りの時に膝に痛みを感じるようになった。若いころスキーで両膝ともに捻挫しているし、この足も長いこと使っているので少々ガタがきてもしかたないかなあ、と思って諦めていた。
その後もやはり山に行った時などに痛みを感じる事はあったが、それも3,4日も経つと治まっていたので、そのまま放置していた。ところが昨年の秋(正確には9月)に渓流釣りに行った翌日からそれ迄にない痛みを感じ、一週間たっても痛みが引かないので、止む無く接骨院に行った。
以前にちょっと触れたが、私はその接骨院で10年近く悩まされた腰痛を治していただいているので、圧倒的な信頼をおいている。
診断の結果は、靭帯自体は傷めていないようなので周囲の筋力アップをすれば痛みは治まるだろう、ということだった。
そういえばここ数年、あまり運動をしていなかったものなあ。子供の頃からいろいろなスポーツに親しんできたが、この3,4年というもの、まとまった運動とは無縁の生活をしていた。
かつての古傷やら運動不足やら、そんなものが遠因になっているのだろう。

ということで枕潰しやらチューブを使ったトレーニングやらを始めた。それと合わせて「コンドロイチン」というやつを飲み始めた。
これらが効いたのか、今年の春くらいにはほとんど痛みを感じなくなり、渓流釣りや軽度の山歩きもできるようにまで回復した。

「喉元過ぎれば熱さ忘れる」というやつだ。
リハビリのトレーニングをまったくしなくなり、コンドロイチンを飲むのももやめてしまった。
そんな9月末のある日、子供を連れて平塚の方へ釣りに行ったのだが、帰ってきてから再び膝が痛み始めた。
あわてて湿布をしたりコンドロイチンを飲み始めたりしたが、そんなに急に効いてくれるわけもない。止む無く再び接骨院のお世話になっている。

爾来まじめにトレーニングを始めてから約一カ月、体というのは正直なもので、内側の大腿、膝の上あたりの筋肉が以前よりも盛り上がってきている。
最近では、普通に生活する分には痛みはほとんどなくなった。

今ではコンドロイチンを飲むのもやめている。まあ補助的に飲むのは悪くないのだろうが、筋トレで十分だと思っている。
by katabami03 | 2010-11-01 22:35 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(6)
Commented by choku at 2010-11-02 01:00 x
先輩、おきをたしかに。
運動も全身をつかったほうがいいです。体をつかっても、集中するとどの部分の痛みかたは、(歳をくうと)きついものがあります。
Commented by risi@いけばな at 2010-11-02 23:50 x
>chokuさん
故障したデジカメは修理がきくという連絡をいただきました。
ほっと一安心。
体は部品交換とはいかない厄介なものですね。
仕事柄、年配の人と接する機会が多いのですが、やはり足は大事ですね。足を怪我したために入院し、その後一気に老けこむというのを度々目にしています。

全身運動、心がけましょう。
Commented by 純イチロー at 2010-11-03 02:09 x
なんにしても、身体のブラッシュアップは水中ウォークに限ります。水の抵抗で地上のウォーキングより効果絶大です。
また水の浮力により、下半身への体重負担が減り腰痛・ヒザ痛の方でも安心。
高齢になればなるほど良い結果が出てくるようです。近年、肩を冷やすので良くないと迷信のように信じられてきた野球界でもトレーニングに取り入れています。
Commented by nageire-fushe at 2010-11-03 14:41
大変ですね~~~
自分も、腰が少しだけ弱いのです。
トレーニングでやはり筋肉をつけて
支えなとすぐに痛めてしまいます。
お互い、気をつけましょうね。
Commented by katabami03 at 2010-11-03 21:26
>純イチローさん
以前旅先の大浴場でやってみたのですが、浅いので膝立ちでやったので、膝小僧が痛くなっただけでした。
それなりの施設でやらなあかん・・・のでしょうね。

>nageire-fusheさん
そうそう、いつまでも山歩きしようと思ったらちゃんと鍛えないとだめなようですね。
トレーニング次第ではまだまだいけるとおもっています。
三浦雄一郎さんみたいなバケモノは別格ですけど。
Commented by 純イチロー at 2010-11-04 01:27 x
え~と、1メートル以上の深さのあるプールがよろしいかと。。。
<< 外回り。 みかん考。(2) >>