みかん考。(2)

いわゆるみかん(温州みかん)は今頃から来年の2月か3月くらいまでが出回り時期だが、美味しいと思うのは年内くらいまでか。
年が明けてからのものは甘みも増すが、今頃の、ほのかに酸味が残っている甘さはいかにも日本の柑橘類といった感じがする。

年明けのみかんと言えば、あの白い筋が綺麗に取れるので、その点では嬉しくありがたい。
あの白い筋には毛細血管を強くする成分が含まれているそうだが、口の中でモサモサする感じはどうにも好きになれない。健康にいいとはいえ、まずいものはまずい。今のところ毛細血管は元気なようなので、ま、大雑把にではあるが取り除いて食べている。

以前アメリカに行った折に、スーパーで冷凍の濃縮オレンジジュースというのを買ったことがある。溶かして4倍くらいに薄めて飲む、というシロモノ。
紙パックに入って売っているオレンジジュース、「濃縮果汁還元」と記されているやつはあの冷凍の物を輸入しているのではないだろうか。濃縮する過程や戻して薄める過程などを考えると、果物というよりも工業製品のような感じがしてくる。
過日オレンジジュースと間違えてみかんのジュースを買ってしまったことがあった。飲んでみるとこれがとても美味しかった。あまり見かけないし値段も高かったが余裕があれば断然オレンジよりもこちらを飲みたい。

わが家はみなみかん好きなので、箱売りが出だす頃には毎年それを買っている。
オレンジが自由化された時に、みかん農家がつぶれると大騒ぎしたのを記憶している方も多いことと思う。
確かにオレンジ自由化以降みかんの生産量は減ったのだろうが、みかんにはみかんの捨てがたい味がある。日本人の体に染みついてきた味はそう簡単に廃れるものではないだろう。
by katabami03 | 2010-10-30 23:10 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)
Commented by 純イチロー at 2010-10-31 07:23 x
♪みかんのはなが さいている~~。。
やはり地産地消でその土地、国土で採れるものを食べるのが体にとって最良のようです。なつかしくおもうのは小六の担任が給食のみかんを皮をむかずまるごと食べていたのが印象的でした。。
Commented by kusanomi at 2010-10-31 12:59 x
ミカンとコタツとネコ。
かつてのワンセットで懐かしく暖かいです。
その頃 イヌは庭を駆け回っていました。
モチロン 雑種で外飼いです。

大人になるまで みかんは白い筋を丁寧に取り、残った袋を皮にしまって始末していました。
ところが、みかん産地出身の家人から
「ヘタの方から剥くと白い筋が取れやすく、かつ袋ごと食べる方が食物繊維の摂取にもなり体に良い」
といわれて以来 それに従う【素直】なワタシ。

オカゲで 食べ終わるのが早い早い。。

Commented by 風うたい at 2010-10-31 13:35 x
みかんといえば、私も幼いころに列車内で食べた「冷凍みかん」懐かしいなぁ。
沼津〜東京間をはしる湘南電車に乗車するときに駅で買い、
溶け際を待って食べる〜 程よい酸味が口いっぱいに広がり
忘れられないみかんの味です。
Commented by risi@いけばな at 2010-10-31 21:58 x
>純イチローさん
皮にも栄養があるようですけど、素性がわかっているもの以外は農薬やワックスが気になって、丸ごとは怖いですよね。
リンゴなんかもなかなか丸かじりできませんねえ。

>K先生
私も袋ごと食べますけれど、どちらかというと面倒臭いからです。
時々後悔するようなかたい皮のものもありますねえ。チクショーと思いながら食べています。

>風うたいさん
そうそう、旅の友。
解けるのが待ち切れずに度々かじって食べたものです。
冷たくて歯にしみて・・・懐かしい思い出です。
<< 膝痛、その後。 みかん考。 >>