みかん考。

ははは、またしても[考]だ。
ま、暇つぶしに聞いてくだされ。

で、みかんを食っている。
秋を迎えてみかんが美味しくなってきた。
この時期のみかんは身離れがいいものと、まだ皮が実にこびりついているようなものとが混在していて、たくさんある中から選ぶときにはちょっと身構えてしまう。もちろん身離れがいい方が食べやすいからだ。で、身離れがいいものを取ったときは密かにラッキーと思ったりもする。とはいうものの、皮が剝きにくいものにあたったとしても味はいくらも変わらないから、「ま、いっか」といった感じで食べている。

わが家では時々「生活クラブ生協」というところから食品を取り寄せているのだが、ここで扱っている農産物は減農薬ということなので安心して食べている。ここから届く農産物はみかんに限らず野菜でも果物でも特に選別しているわけではないので、みかんも大小入り混じっていて、小さいものはキンカンを二回りくらい大きくしたくらいのものまで混じっている。
小さいので剥くには少し不便だが味は変わらない。それから、私は子供の頃にはひと房づつ食べていたのだが、いつの頃からかかなり大雑把に食べるようになっていて(小さいものは二つ割りくらい、大きいものでも四ツ割くらい)、小さいのは返って好都合だ。面倒くさいときは丸ごとたべるときもあるなあ。

もうだいぶ昔の話になるが、東海道線に乗って西に向かうと、小田原を過ぎたあたりから沿線の山の斜面にはミカン畑が見られ、静岡県内を走る間はそこここでミカンの成る風景がみられたものだ。ここ数年、みかんの成る風景はかなり減ったように見受けられる。東海道線の光景もだいぶ様変わりしてきているようだ。
外国産の果物がたくさん入ってきているので、それだけ国産のものが圧されているからなのだろうか。



う~ん、みかんを食べながらなにげに書き始めたのだが、思いがけずいろいろなことが頭の中をグワングワンと行き来しているなあ。

そんな訳で、この項続く。
by katabami03 | 2010-10-29 23:40 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)
Commented by 純イチロー at 2010-10-30 01:55 x
当方も虹ヶ丘時代は「生活クラブ生協」を利用してました。ここは素人目にも安全で信頼性が高いと思います。もうひとつのコープ生協よりは。。。しかし中国産の食品に比べれば全世界の食品はもれなく100%安全といえますね。。
あと外国産の廉価な輸入青果類は船便のため防腐剤テンコ盛りで、防腐剤のため船底で腐るという目撃談があり、原産国で食べないかぎりは避けたほうが無難です。知人のカメラマン(談)
Commented by 日本橋うさぎ at 2010-10-30 03:59 x
みかんはヘタの方から皮をむくタイプです。
小学生の頃、「天井みかん」というのが流行りました。
天井に数度ぶつけてから食べるという。袋の中で果肉が崩れ、酸味が取れた分、若干甘みが増す……気がしました(笑)。

「ストーブで焼く」というのもありましたかね。
Commented by nageire-fushe at 2010-10-30 21:15
みかん、これからが旬ですよね。
子供の頃は、いまより少しだけ酸味が強かった
ように思えます。それと・・・旅の必需品
「冷凍みかん」見かけなくなりましたね。
学校の給食でも出ていましたよね。
Commented by risi@いけばな at 2010-10-30 23:42 x
>純イチローさん
以前にグレープフルーツの皮を庭の隅に埋めたことがあり、しばらくたってから別のゴミを埋めるために掘り起こしたら、ほとんどそのまんま出てきたのを見た時はショックでした。

>うさぎさん
私は反対側から。年明けのぷかぷかした奴は時々ヘタの方から剥くことがあります。
白い筋が皮にくっついて綺麗に取れたときは嬉しい。
「天井みかん」、ガセ?・・・流行らせようかなあ。

>nageire-fusheさん
「冷凍みかん」なつかしいなあ。
網に4つか5つくらい入っているやつですよね。
駅弁、お茶に冷凍みかん、まさに旅の必需品でしたねぇ。
<< みかん考。(2) ボランティア考。 >>