ボランティア考。

昨日今日と豊島区内にある老人の日帰り施設(デイサービス)二か所でお年寄りたちにいけばなを楽しんでいただいてきた。
いわゆるボランティアってやつで、かれこれ3年目にはいっている。

自分でやっていながら言うのも変な話だが、このボランティアっていうのが今だによく分からん。
そもそも始めた理由もひどく曖昧で、義務感があるわけでもなく、ましてや高尚な理念など全くない。時間が空いている時にちょっとやってみようかなあ、と思って始めたのが運のつきで、引くに引けずに続けている、というのが正直なところ。そんなわけだから、よく言われる「社会貢献」などとは全~んぜん無縁。

先日パラオ、シンガポールを旅してきて、ボランティア(奉仕)とかホスピタリティー(おもてなし?)とかといったものについて少しばかり考えさせられるところがあった。
日本にはいろいろといい習慣がたくさんあるけれど、こういった精神はあまり日本には根付いていないよなあ・・。
私の両親の世代にはそういった概念すらなかったのではないだろうか。戦時中には勤労奉仕というのがあったそうだが、あれは奉仕をかたった強制労働だろう。
そんな両親に育てられたわけだし、学校教育の中でも教わった記憶はない。そもそもボランティアなんて言葉を知ったのも高校生くらいになってからのことだと思う。だから分からないのも当然といえば当然だ。
だから時々、ひどく損をしているような気持ちになったり、こんなことをして何になるんだろうと思ったりもする。
一度にたくさんの人数を見るのはとてもいい指導体験になるので、そういった意味では決してマイナスばかりではない・・・なんていう打算も働いたりする。
そんなわけだから、真のボランティアスピリットとはちょっと違うのだろう。

先の展覧会の折にひそかに尊崇しているM先生が見に来てくださった。M先生は某流の重鎮の先生なのだが、少しばかりお話させていただいた折に、「今迄長いこといけばなをやってきたが、80になって改めて思うところがある」と意味深な物言いをされていた。どういうことなのだろうか、とおもっていたが、別の先生にそのお話をしたところ、「お年寄りの慰めになるようなことをしたい」といった意味のことを話されていた、と伺った。
これには参った。やはり地に足がついた人の考えは違う。ホンモノとニセモノの違いがこういうところで出てくるのだろう。

M先生には及ぶべくもないが、良いと思われる習慣はまねても咎められることではないだろう。
親の世代には0だったのだから今が不自然なのもお許し願いたい。にわかボランティアも続けていれば次の世代はもう少ししっくりとしたものになってくれるだろう。
by katabami03 | 2010-10-28 23:09 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)
Commented by 純イチロー at 2010-10-29 02:45 x
生け花、お茶、書道などなどそれ自体がボランティアかもしれません。
年配の方、そのこと自体が尊敬に値するような気がします。
何かにたとえると、野球なら少しは理解できるので自分の体験からボランティアを捕らえてみると、メジャーに行ったイチローや松井選手は当たり前のようにごく普通に寄付をしています。
松井選手などは幾人かのベトナムのこどもの里親になっているようです。
あたしゃ虹ヶ丘ファイターズ時代に五六人を引き連れてバッテッングセンター通いをし、チームを三位まで押し上げる一助を担ったことがあります。アノ頃飛んでいってしまった万札よお願いだから戻っておいで!!と思う今日この頃です。。。なんかちがう。。。
Commented by 風うたい at 2010-10-29 09:09 x
私もいろいろと考えさせられる内容です。
支え支え合う、自分の技術や能力の「分かち合い」
… そんな交流ができれば嬉しいですね。
軽い気持ちで参加するか否かよりは、その結果幸せになる人が
いる、そのことで自分も幸せ、という繋がりができればいいな
と、私は最近思うのですが…。
Commented by 日本橋うさぎ at 2010-10-29 13:03 x
「ボランティア」の語源は、ラテン語の「volo」(志願者)。
キリスト教圏の宗教観念に基づいて、ここから「志願兵」という意味に変遷したそうです。十字軍とか、そういうので。
今でも志願兵のことを「ボランティア」と呼ぶことがあって、対義語は選抜という意味がある「ドラフト」(徴収兵)だそうです。
日本でいう奉仕は、どちらかというと「ドラフト」の方ですよねー。

「あ、これは自分がやらなければならないな」
なんて思ったら、だいたいは見返りを求めないので、それがボランティアなんじゃないかなーと思います。
Commented by katabami03 at 2010-10-30 00:05
>純イチローさん
取り敢えずいけばなで食べているにで、報酬はいただいています。これはボランティアとは言えないでしょう。
でもまあ、どこで線引きするかというのは・・・う~ん、やはり難しいものですね。


>風うたいさん
まあそんな訳ですから、自己満足なんていうの無いわけですけど、帰りがけはいつもとても満ち足りた思いで帰ってきているわけです。多分みんな喜んでくれているからなのだと思います。
忙しくて仕事に追いまくられていればこんな時間もないわけで、それはそれで別に悪いことではないし、・・・結局なにが幸せなのか良く分かりませんよねえ。

>うさぎさん
やはり慣習の違いなんでしょうね。
なるほど、本来は「志願」といわれると何となく理路整然としてきますね。
日本ではどちらかというと「ドラフト=徴収兵」、なんかすっご--く納得しちゃう。
<< みかん考。 車考。 >>