車考。

昨日は息抜きに奥多摩に行って来た。
天気がイマイチだったのと、時間に制約されたくなかったので自動車で行った。
「時雨をいそぐ紅葉狩り」とまではいかなかったが、時々小雨が降る中、ようやく色づき始めた木々や渓流の流れを眺め、しばし自然に抱かれることの心地よさを楽しんできた。

そういえばここ数日、展覧会の搬入搬出や花器を運んだりといった雑事のために、車によく乗った。
基本的には車は好きなのだが、都内に限っては、荷物や人を乗せなければいけない時か、あるいは余程の早朝か夜中以外は電車やバスを利用している。そのほうが移動時間は圧倒的に速いし、車中で本や雑誌を読んだり居眠りしたり、何も考えずにボーっとしたりできる。さらに環境にも良いし、渋滞でイライラすることもなく精神的にも良い、といいことずくめだ。

しかし遠出するときはやはり車を多く利用してしまう。
荷物なども適当に放りこんでおけばいいし、家からいつでも出れる。電車の時間待ちなんていう手間もない。
若いころはぶっ通しで10時間くらい運転してもぜんぜん苦にならなかったものだ。さすがに最近は休憩なしの長時間運転などはしなくなったが。

車好きといってもスポーツカーや高級車を乗り回す趣味はない。強いてこだわっているところと言えば、スキーや山にいくときのために四輪駆動の車にしていることくらいか。
基本、車は道具と思っているので休みの度に磨き上げるなんてこともしない。アメリカなどの規制の緩い国では、エンジンが一部剥きだしになっている車や、そこいらじゅうガムテープで止めてある車が走っていたりする。日本は車検がうるさいのでそんなわけにもいかないが、まあ適度に物が積めて走ってくれればあんな感じでもいいのでは、と思っている。

石油の埋蔵量の限界が見えてきた昨今、いつまで今のような状態が続くか分からない。
これからは今迄以上に公共交通機関を利用していくことになるのだろう。

思い起こせば、車の免許を取る前はどこに行くにバスや電車だった。
時刻表を調べ、安いチケットを探し、夜行列車にも良く乗ったなあ。
不便ではあったけれども楽しかったなあ。
by katabami03 | 2010-10-27 21:59 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)
Commented by tonton at 2010-10-28 00:43 x
花展無事終了お疲れ様でした
次回は拝見したいな~と思います
大仕事を終えられ、ほっとする時間を持たれたようで、なんだか和ましい光景が浮かびます
体力、好奇心、変われる柔軟性、失いたくないですね~
Commented by risi@いけばな at 2010-10-28 15:10 x
>ton先生
あたたかいお言葉、有難うございます。
>>体力、好奇心、変われる柔軟性、失いたくないですね~
おっしゃる通りだと思います。
創造の世界に遊ぶための必要条件みたいなものでしょうか。
<< ボランティア考。 御礼。 >>