生け込み終了。

・・・というわけで、本夕「彩花展」の生け込みを無事終えた。

ちょっとお疲れの帰り道。
d0117565_22355450.jpg


「彩花展」ではほとんどの場合生花(古典花)を生けている。
どーも世間一般には、私は自由花とか造形的な花とかが得意と思われているようだが、どちらかというと生花が好きなんだなあ。

いけばなというのは生ける人の個性が出るものなのだけれど、古典花の場合は形が決まっているので、ちょっと見にはどれも同じように見える。この制約の中でどれだけ他の人とは一味違う趣を出せるか、というところが常に自分に課しているテーマでもある。

で、今回はどうか・・。うん、まあ100パーセント満足というのはありえないけれど、まずまず人にお見せしても恥ずかしくないものにはなったと思う。
当然のことだが、展覧会に出す以上は見る人に何がしかの感銘を与える作品を、と念じている。
お客さんはお金を払って見に来てくれるわけだから、「金返せ!」なんて言われないように心せねば。
卑俗な言い方で恐縮だが、これはかなり大切な意識ではないかと思っている。
by katabami03 | 2010-08-29 23:10 | 展覧会・イベント | Comments(2)
Commented by 純イチロー at 2010-08-30 02:18 x
上から目線でいいますと、なんか尊敬に値しますね。
やはり世界観が違う、お花、お茶の世界は世界に誇れる日本の匠です。サウスポーさんを通じてこの世界の方々と知り合えたことに、素直に感謝いたします。
Commented by katabami03 at 2010-08-30 23:51
>junichiroさん
そ、尊敬なんてとんでもない。
偉そうなことを書いてしまいましたが、自分がお客さんだったら・・とわが身に置き換えて考えるとそんな風に思うのです。
けっこうセコ、です。
<< なんだか追われている。 今日は下生けです。 >>