間違えた。

件のアゲハの蛹、早朝はまだ蛹のままだったが(羽音がしなかったので推測だが)、朝ごはんを食べ終わってから見たら羽化していた。
残念!決定的瞬間を見逃した。
d0117565_22533839.jpg

黒アゲハだとばっかり思っていたのに、何と普通のアゲハ蝶だ。

二男が小学生のときに、やはり幼虫から飼っていて蝶に孵したときは黒アゲハだったので、今回のイモ虫も黒アゲハの幼虫だと信じて疑わなかったのだが、何だか青天の霹靂みたいな感じ。
黒アゲハと断言しておきながら間違っていたとは、ちょっとばつが悪い。
ともあれ無事に羽化してくれたことにはささやかながら喜びを感じる。

窓をあけて外に出したところ、カーテンにつかまったまま羽をゆっくりと開いたり閉じたりして飛び立とうとしない。
自然に羽化したものよりも弱いのかなあなどと思いながらも、朝のあわただしい時間、ずっと見ているわけにもいかず放っておいたら、いつの間にか飛び去っていた。
by katabami03 | 2010-07-31 23:10 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)
Commented by リン at 2010-08-01 00:38 x
人助け。いえいえ 蝶助け。無事に 育ってよかったですね。
知り合いが やはり 何匹か羽化させましたが しばらく 飛ばずに
飛んだと思っても 近辺をうろうろ飛んでいたそうです。やはり恩を感じるのでしょうか。実家のような 思いなのかしら。。。
Commented by nageire-fushe at 2010-08-01 07:26
命をひとつ送り出したのですね。
蝶は羽化して数時間たたないと、羽が固まらないので
飛ばないとの事聞いた記憶があります。
Commented by 風うたい at 2010-08-01 08:52 x
りしさん宅から飛び立ったアゲハチョウが
花の蜜を吸っている様子を想像します。
わが街の川縁に飛んできているかもしれない。わくわく。
Commented by katabami03 at 2010-08-01 21:43
>リンさん
蝶には感情はないのでしょうけれども、やはり手塩にかけた(?)だけにかわいいもんです。
もう一匹の蛹も今日羽化しました。これも気が付いたら蝶になっていました。
セミは羽化するのに時間がかかるけれども、蝶って早いんですね。

>nageire-fusheさん
じっくりと羽根をかためていたのでしょうか。
今思えば、飛び立つまでの数分間、じっくりと力をためて、その瞬間のタイミングを見計らっていたようでもありました。

>風うたいさん
自然にとっては余計なことをしたのかもしれませんけれど、鳥に食べられずにせっかく蝶になったのですから、無事に命を全うしてもらいたい・・・という親心?
明日は黒目川の河原をお散歩?
<< 平兵衛が光に。(リシノメ92) 強靭な茎や葉。 >>