さあて困った。

昨日アゲハの幼虫が蛹になった、と喜んだのだが、今日件の山椒を見たら何と黒い幼虫がもう付いているではないか。ざっと見たところ5匹。じっくりと探せばもっといるかもしれない。
d0117565_22492426.jpg


さあてこの子たちをどうしたらよいものか。
放っておけば鳥の餌、やっぱりとことん面倒をみるべきか。
ここに山椒がある限り来年も再来年も・・・う~ん、この事態は想定外。

なまじ中途半端なホトケ心を出したばっかりに、今後の対処のしかたを考えなければ。偽善なんて言葉も浮かんできたりして、もうドツボ。昨日は童心なんて言葉を書いたが、今日は哲学的苦悩に悩むrisiである。
by katabami03 | 2010-07-23 22:57 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)
Commented by ikeko at 2010-07-24 00:58 x
あ~、すみません。このテの虫は苦手で。。。。だから、土いじりができないんですよね。
Commented by 日本橋うさぎ at 2010-07-24 03:47 x
これが野良猫やブラックバスだとすでに社会問題なわけですが……。
迷い、諦め、悟り。そしてまた迷い……
とはゆえ、そういう心の揺らぎこそが人の性かと思われます。

と、かっこいいことを言っても解決しないのか(笑)。

来年も再来年もアゲハたちは卵を産むということは、「数匹でも生き残れば勝ち」という、よくよく考えると凄まじいほどの打算の上で自然のサイクルに則ってるということですよね。

よし、次は鳥たちの味方に!
Commented by nageire-fushe at 2010-07-24 10:35
山椒や蜜柑があると避けられないですよね~~~
自分は擁護してしまいますが、両親は害虫として駆除して
しましますよ。どちらがよいのか?????迷いますよね。
Commented by katabami03 at 2010-07-24 22:39
>ikekoさん
うーん、苦手な人がいるだろうなあ、と思って写真をどうしようか迷ったのですけど・・・どうもごめんなさい。
庭木などいじっていて、いきなり出てくると私でもギョッとします。

>うさぎさん
所詮煩悩に生きるこの身、・・・とか言ってごまかすしかないね、こりゃあ。
鳥もねえ、これを食べている時はにぎやかで嬉しそうなんだわ。

>nageir-fusheさん
しかしまあ、虫や鳥が寄ってくるというのは楽しいものです。
我が家の南天は実生から、これも鳥に運ばれてきたものかと。ひょっとして山椒もそうかなあ。
<< risi応援に行く。 鳥がかわいそうという意見もある... >>