鳥がかわいそうという意見もあるが・・・。

庭に勝手に生えてきた山椒が大きくなって、毎年何回かそれに黒アゲハが卵を産む。最初は黒い幼虫だが山椒の葉をわしわしと食べて、やがて緑色のイモ虫になる。しかしある程度大きくなると決まって鳥に食べられてしまう。
今年も何匹か生まれてすくすくと育った。


基本的には自然には人為を加えず、極力そのままにしておく方がよい、という主義のrisiだが、放っておいてみすみす食べられてしまうのはいかにもかわいそうな気がして、今回は飼うことにした。
食物連鎖とか自然淘汰とか、こういったもので自然のバランスは微妙に保たれているのだろうが、まあ数匹くらいでは生態系が崩れるということはないだろう。

今日プラケースを覗いたら、イモ虫が蛹(サナギ)に変身する決定的瞬間に出会った。
d0117565_2229334.jpg

幼虫の目や模様はまだ残っているのだが、序々に蛹の形になっていっている。今更ながら自然の驚異にくぎ付け。
ところでもう一匹いたはずなのにどこにもいない。よくよく探してみたら、何とプラケースの蓋の裏ですでに蛹になっていた。
d0117565_22334367.jpg

あと何日くらいで蝶になるのだろう。童心に還るね。
by katabami03 | 2010-07-22 22:40 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(4)
Commented by LABO雲 at 2010-07-22 23:50 x
ウッオ~凄い。サナギになりながら撮ってくださいよ、と
言わんばかりに、risi先生を見ているところがもっと凄い。
愛情が伝わっているのでしょうね。
Commented by junichiro at 2010-07-23 05:33 x
十五、十六、十七とアタシの人生暗かった~~
たとえどんなに暗くても~夢は夜ひらく~~~。。。
ヒトもチョウとおなじく十代後半に大変身するのですよね。
そこをうまく乗り切れるかそうでないかで、人生の大半は
決まってしまいます。
しかし、夏休みのお子様には驚異のプレゼントでしょうね。
サナギがんばれ、こどもテキトーにがんばれ!
Commented by 風うたい at 2010-07-23 18:46 x
黒アゲハ、最近家の近くで見かけました。
すっと横切る姿はサタンのよう、ドキドキしますね。
山椒が好物なのですか〜
りし宅での変身、旅立ちのドラマを楽しみにしています。
Commented by katabami03 at 2010-07-23 23:08
>T先生
やっぱりねえ、こんなイモ虫でも飼っていると情が移るんですよねえ。
今我が家で飼っているのは、ドジョウ2匹・クチボソ1匹・コクワガタ3匹そしてアゲハの蛹2匹。みんなかわいいもんです。

>junichiroさん
う~ん、十代後半に大変身かあ・・・不発だったな。
15,16,17とアタシの人生(も)暗かった~~。

>風うたいさん
黒あげはの幼虫は普通はかんきつ類の木につくんですけど、山椒にもつくというのはここで初めて知りました。
大きくなると山椒の木が丸坊主にされるんじゃなないか、というくらいの食欲、圧倒されます。
<< さあて困った。 だけどこの猛暑では効果も・・。... >>