なんか久々に旅してるって感じ。(平泉編)

昨日仙台入りして「日本いけばな芸術東北展」の生け込みを済ませ、今朝花の手当てをして、その足で平泉へ向かった。
仙台から一ノ関までは新幹線利用であずか30分足らず、さらに在来線に乗り継ぐこと10分ほどで平泉に。

正直なところ平泉は中尊寺と源義経が死んだ地、くらいの認識しかなかったのだが、平安時代の末期に、地の利や風光を生かした中にも高い精神性に根ざした文化が花開いた土地であることを初めて知った。
高館義経堂と芭蕉の碑のある、北上川を見下ろす高台の静けさ。中尊寺の数々の堂宇や仏像は時のたつのを忘れさせるし、平安の都の雅を彷彿とさせる毛越寺の庭園。・・・思い切って来てみてよかったなあ。

一ノ関の宿のパソコンを利用しているので写真をお見せできないのが残念。

明日はリアス式海岸というのをまだ見たことがないので、三陸海岸を回って仙台に戻ります。
そちらの報告もいずれまた。
by katabami03 | 2010-06-07 17:36 | 旅・山 | Comments(0)
<< 日本いけばな芸術東北展。(東北... Les parapluies.... >>