雪の朝は。

今朝、青空を背景に木々の枝に残る雪の写真を撮ったハズなのに、なぜかメモリーに入っていなかった。
これだからシロートは困る。
という訳で写真なし、あしからず。

で、今朝は雪の朝だった。
6:20起床。
まずTVとPCで交通状況をチェック。幸いなことに中央線は通常通り運行しているようだ。
次に、手袋、防寒ジャケット、ニット帽子をかぶり長靴をはいて外に出る。
雪はね棒は昨夜のうちに玄関先に用意してある。
そうです、雪かきです。

実は我が家の周りはリタイアしたおじさん(おじいさん?)達ばかりで、何とこの私が一番若い(!)のですよ。
で、地域社会のために、もしくはムラ社会で生きていくために、雪の朝は私が周囲の雪かきをするのであった。

ま、今回はたいして積もらなかったので腰にもこなかった。
額うっすら汗ばむ30分、卵かけごはんがおいしかったぁ。


さて明日から銀座松屋で「古流協会展」が始まります。
ご家族ご郎党、誘い合わせの上、是非ご来場ください。(会場受付にて「risiはどこだ」とお声掛けいただければ幸いです。)
by katabami03 | 2010-02-02 22:35 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)
Commented by 風うたい at 2010-02-03 11:16 x
折角のお写真、拝見できず残念! 
枝先に雪をいだいた樹木が青空に映える風景
美しかったですね。
朝一番の雪かき作業、お疲れさまです。
お若いりしさんにとっては「朝飯前」でいらっしゃる?
お隣近所までとは敬服するばかり。
「古流協会展」いよいよですね。楽しみにしています。
Commented by katabami03 at 2010-02-03 22:57
>風うたいさん
「釣り落とした魚は大きい」といいますが、われながらいいアングルだと思った写真だっただけに残念です。(何とまあ自分勝手な!)
今回は全然OKと思ったのですけど、今日はなぜか右肩が痛くて、思い当たる節は昨日の雪かき!
近所に若いヤツが引っ越してこないかなあ、と思うのでした。
<< risi、いけばな展に無常をみる。 気が気じゃない。 >>