旧道を行く。

司馬遼太郎ではない。
来週から始まる「古流協会展」で使う竹を注文しにワタリュウさん('09,7月11日参照)の所へ行く。

ワタリュウさんのお店は川越街道沿いにある。それも、旧街道と現在の川越街道(国道254)の両方に面している、という珍しい場所にある。

池袋から行くと、車を止めるのは旧道側のほうが都合がいい。
上板橋から分かれる旧街道は昔ながらの商店街が続く。
先ずは上板南口銀座。上板は上板橋の意。
d0117565_21303274.jpg

上板・・が途切れてしばらく行くと北一商店街。北一は練馬の北町一丁目の略。
d0117565_21335545.jpg

旧街道らしい風情がわずかに残る。
d0117565_21392334.jpg

昼間は通れるのだけど、夕方は買い物でにぎわうためか通行止め。やむなく迂回。
d0117565_21404989.jpg

迂回の道に入ってすぐのところにある三差路。何と交差点の真ん中にある「馬頭観音」。こんなところにもささやかな歴史が。
d0117565_21425347.jpg

旧道は東武東上線の東武練馬と下赤塚との間で合流する。ワタリュウさんのお店はその合流点の手前。
d0117565_21453691.jpg

竹がいっぱい。竹屋さんだもんね、当たり前か。
d0117565_21492430.jpg

旧道と現在の川越街道の合流点。
d0117565_2150209.jpg

またどこにでもあるような街に戻る。
by katabami03 | 2010-01-25 21:52 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)
Commented by choku at 2010-01-25 23:00 x
馬頭観音 というところがいかにも。
大切にされてきた観音なのでしょうね。残り方が見事です。
Commented by risi@いけばな at 2010-01-26 09:48 x
>chokuさん
そう、オミゴト。
ウチのほうでも馬頭観音だの庚申塔だのってあるけど、道路わきにひっそり、って感じですねえ。
・・・でもこれって、お祈りするにも命がけ?
<< コンセプトは光? チューンナップ。 >>