チューンナップ。

スキーは道具を使うスポーツなので手入れが必要。
「弘法筆を選ばず」というが、そんなことはない。浅田真央ちゃんだって、刃のすり減ったスケート靴では、あの華麗な演技も無理というものだろう。

以前は仕事場(いけばなの教室)が空いている時に自分でチューンナップしていたが、最近は専門店にお願いしている。
先日の合宿(スキー)の後、スキーのメンテナンスをお願いした店からハガキがきた。それによると、諸般の事情から2月いっぱいで閉店するとのこと。
d0117565_21205091.jpg

お願いしたこと以上の仕上げをしてくれる、職人気質の店だったので残念だ。

いろいろな事情があるらしいが、スキー人口の激減も遠因であろう。
華道界の現状を思うと、とても人ごとではなく、身につまされる。
by katabami03 | 2010-01-22 21:33 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)
Commented by サウスポー at 2010-01-23 16:18 x
そーゆー職人気質のお店 ぜひ応援したいけど。。 この不景気だけは
なんともしがたいね。。。
Commented by risi@いけばな at 2010-01-23 21:28 x
>サウスポーさん
やっぱりねー、商売上手だったらサッサとほかの仕事をしているのでしょうねえ。
職人気質、だんだん化石になっていくのかなあ・・・。
<< 旧道を行く。 何でも経験、と思ったのだけど。 >>