ウェルカム上海。

上海に8日ほど行って、昨夜帰国いたしました。

d0117565_2355095.jpg
d0117565_236299.jpg


上海紀行、後日アップ予定。お楽しみに。
# by katabami03 | 2016-09-28 23:06 | 旅・山 | Trackback | Comments(0)

流木を求めて。

北海道で流木を使おうと思って神奈川のダム湖に行ったことは以前触れた。
その後カミさんと奥多摩に行って少々ゲット。
「ツールド妻有」際に泊まった宿が清津峡だったので、チャリの翌日に河原でさらにゲット。
そんなこんなでなんとか作品には間に合った次第だ。

d0117565_18465697.jpg


では流木を求めての顛末を。

奥多摩湖に行く少し前に白丸ダムという小さなダムがある。ここは道路からはダムの本体は見えないのだが、ダム湖がチラッと見え、いつでも水を満々と湛えている。多分水量か何かの調整用のダムなのだろう。
道路から標識に従って脇道に入るとダムの管理所があり、魚道が見れるそうだ。

d0117565_19125080.jpg

d0117565_1912623.jpg


魚道は地下に作られているそうで、らせん階段を下っていくと地価のトンネル内に立派な魚道があった。この日はまだ残暑が厳しかったが、中はひんやりしてとても気持ち良かった。

d0117565_19133339.jpg

d0117565_19134661.jpg


水族館のようにガラス越しに魚道の様子が覗けるところがあったが、この日は残念ながら魚の遡上は確認でききなかった。

台風の後だったこともあり湖面にはたくさんの流木が浮いていたが、ここでは配布していないとの由。宝の山を前に泣く泣く白丸ダムを後にする。

d0117565_19141265.jpg


奥多摩湖からさらに上流を目指し、子供たちが小さかった頃、川遊びによく連れてきたところに行く。ここでやや細いものの数本の流木を拾って帰る。

d0117565_19142919.jpg


多摩川でゲットしたものは作品に使うにはちょっと弱いなあと思っていたが、その後清津峡にて頃合いのものを得ることができた。
清津峡も宝の山だ。

d0117565_19144430.jpg


北海道にはすこし大きすぎて送れなかった流木が今は我が家の玄関前のオブジェになっている。っていうか、まあ、放っぽりだしてあるだけだけど。

d0117565_1915172.jpg

# by katabami03 | 2016-09-16 19:07 | 旅・山 | Trackback | Comments(2)

北の大地に行ってまいりました。(仕事だよ)

『日本いけばな芸術北海道展』開催中。
で、協会からの出品依頼もあり、札幌に行ってきました。

d0117565_181471.jpg


北海道での同展は6,7年ぶりとのことで、連日多くの来場者を迎えている。
d0117565_18175611.jpg

d0117565_1818516.jpg


私は、小樽のガラス作家の淺原千代治氏とのコラボレーションコーナーに出品。
16人の本部役員が、前後期に分かれて8名づつ出品している。
春にデッサンを送り、作っていただいた器に生けるという趣向だ。

前期のコラボコーナー。
d0117565_18223080.jpg
d0117565_18224071.jpg


みんな比較的アッサリと生けていたが、私一人コッテリだった。

奥多摩と新潟で拾ってきた流木に函館で切ってきてもらったハマナスの枝を絡めて、ドライの薔薇をすこしあしらってみた。
d0117565_18253563.jpg


こちらは協会の会長、副会長、理事長の大作。
d0117565_18285998.jpg

d0117565_18304120.jpg


草月流、池坊、小原流の大作コーナー。
d0117565_18315052.jpg


会場スナップと出品作品を何点か。
d0117565_1833774.jpg
d0117565_18332037.jpg
d0117565_18332934.jpg
d0117565_18334079.jpg
d0117565_18335042.jpg
d0117565_1834191.jpg
d0117565_1834945.jpg
d0117565_18341913.jpg
d0117565_18342839.jpg


いけばなの多様性を余すところなく展観する花展となっている。

当会北海道支部会員も前後期合わせて10名が参加。
前期出品作。

仲谷理燿支部長
d0117565_18504346.jpg


福地理愛
d0117565_18505999.jpg


佐藤理紀
d0117565_18511428.jpg


広瀬理代
d0117565_18515834.jpg


長澤理知
d0117565_1852935.jpg



『日本いけばな芸術北海道展』 9月13日まで 札幌東急百貨店にて開催
# by katabami03 | 2016-09-09 17:55 | 展覧会・イベント | Trackback | Comments(0)

夏の〆。(未編集)

夏と言えば休みの日は必ずどこかへ出かけていたものだ。昨今は子どもたちが成長してしまったので時には家でマッタリしたりという日もあったが、今年の夏もまあそこそこ遊んだな~。
〆は恒例「ツールど妻有」。
d0117565_21271950.jpg


今年は10周年ということで、昨年と同じく1000名の参加者。
d0117565_21282778.jpg

d0117565_21294087.jpg


10周年記念ジャージは黄色ではなくて、ご覧のような濃紺と黒。カッコいいのだけれどrisi的にはコレが裏目に出たのだな。
当日は前日までの雨模様が嘘のように晴れ渡り、日中はピーカン。ジャージは見事に陽光を吸収して照り焼き状態。
今回で4回目の参加だったが、正直一番きつかった。

とはいえこの大会のお楽しみは各エイドステーションでのおもてなし。
ベルナティオと農舞台のエイドステーション。
d0117565_2291212.jpg

d0117565_22115392.jpg


西田尻では今年はグレープフルーツではなくプラムだった。グレープフルーツの方がよかったのだけれど・・。ベルナティオの草ダンゴ、坪山峠のパエリヤ、農舞台の蕎麦、あ、今年はから揚げがなかったなあ。そのほかスイカ、各種漬物、おにぎり等々ほぼ制覇したのだが、五十子平のカレーだけは食べる気にならなかった。その代りの桃があったのでこれはムリして3切れ4切れ。

今回は前回のリベンジを期してのエントリーだったのだが、結果後半ショートカットで全走行距離102キロの腰折れ。3時半前にゴール。で、〆は恒例のトン汁。
d0117565_22144334.jpg
d0117565_22145173.jpg


きつかったけれど面白かったなあ。
来年はもっときちんとトレーニングを積んでエントリーしよう。
# by katabami03 | 2016-08-29 21:33 | 展覧会・イベント | Trackback | Comments(2)

燃える!

横浜のBankARTに行く。
d0117565_2127414.jpg


約束の時間より早く着いたので外をフラフラ。
d0117565_2128139.jpg


赤レンガ倉庫の向こうに大型客船が停泊中。神戸で同じような客船を見た時もぶったまげたが、これはまるでホテルが丸ごと浮かんでいるようで圧巻。
その向こうにベイブリッジも見える。
d0117565_21315146.jpg


ここに初めて来たのはもう10数年前のことになる。横浜トリエンナーレの折に立ち寄っていらい、時折現代美術の作家の展覧会などを拝見に来た。
もとは倉庫であったという特異な空間。ここでいけばなの展覧会はできないものかと漠然と考えていた。

昨年末あたりからその思いが急激に高まり自分なりにプランを練ったりしていたが、今年に入ってから賛同者が集まりはじめ、長年の思いが現実になりつつある。

柱と柱の間が6メートル、天井高およそ5メートルという空間。
d0117565_21441386.jpg
d0117565_21442421.jpg
d0117565_21443329.jpg


会期は来年の6月末。
開催までにやらなければいけないことが山積だが、今やらないでいつやる!
# by katabami03 | 2016-08-24 21:46 | 展覧会・イベント | Trackback | Comments(2)