もう来ることはないと思っていた。

およそ一か月半くらい前になるが、昔の山仲間の間でやり取りしているメールに、北アルプス山行の予定が書き込まれていた。それは、表銀座から槍ヶ岳~穂高岳縦走というなんとも羨ましい計画だった。
時々山行計画がアップされていたが、大概は休みが合わず今回もどうせダメだろうと思いながら日程をよく見ると、表銀座は無理だが最後の穂高2日間は合流することが可能ではないか。
急いでその旨返信し、準備に取り掛かった。

予定では、本隊は17日から山に入り表銀座縦走。20日北穂高岳(以下北穂)、21日に新穂高温泉に下山。私は18日の夜行バスにて上高地入り。20日に北穂にて本隊合流、という予定を組んだ。

今年は春先に体調を崩し、回復するころは展覧会で忙しく、その後は夏の暑さがピーク。ろくに運動をしていなかったが、本隊のブレーキにならないように急ごしらえのトレーニングを開始した。
ところが予定日近づくころ台風が接近、17,18日が狙いすましたように本州縦断ということになった。
本隊は、表銀座は早々に諦めていたがぎりぎりまで槍~穂を狙っていた。しかし増水で通れない箇所があるとの情報で、結局私より一日早く涸沢入りということになった。


さて18日。
昼過ぎまで仕事をしてから自宅への帰りがけに、山中での朝食や行動食を買い出し。荷物をまとめて夕食を済ませてから東京駅のバスターミナルへ。
平日なのですいているかと思ったが、上高地行きのバスは満席。午後10:40東京を出発した。

19日午前5:30周囲がまだ薄暗い中、上高地バスターミナルに到着。
寒い中を荷物をまとめて歩き始めるころ、徐々に周囲が明るくなってくる。

梓川と奥穂高岳(以下奥穂)から西穂高岳(以下西穂)へと続く稜線
d0117565_21314019.jpg
西穂の稜線
d0117565_21315069.jpg
河童橋から見る奥穂
d0117565_21315724.jpg
上高地から横尾までは平たんな道をおよそ3時間。
途中の徳澤付近から前穂方面を望む。
d0117565_21321127.jpg
横尾は中学から高校にかけての3年間、毎夏河原にテントを張って、ここから槍ヶ岳(以下槍)と奥穂に往復していたところだ。
横尾山荘はその当時から風呂や個室が備わっていた山小屋だが、立派な小屋に替わっていて、山荘以外の建築物も何棟か建っていて賑やかだ。
涸沢に向かう橋はこれも立派な吊り橋ができていて驚いた。
d0117565_21454519.jpg
横尾からは本格的な山道になる。
1時間半ほど登ると、ロッククライマーの道場「屏風岩」が見えてくる。そこを周り込むようにしながら高度を稼ぐ。
d0117565_21455729.jpg
d0117565_21461370.jpg
急な道をさらに一時間ほど登ると谷が開け奥穂が眼前に全貌を表わす。
d0117565_21482364.jpg
睡眠不足にはこたえる階段状の登りをひと喘ぎしてようやく涸沢に到着。
今夜の宿は涸沢小屋。涸沢から北穂や奥穂に向かう少し高いところに建っている。

小屋のテラスから、涸沢ヒュッテとテントサイト、涸沢の万年雪を見おろす。
d0117565_22073925.jpg
小屋には12:15到着。ゆっくり歩いてきたがそれでも少し早すぎた。とはいえ寝不足なのでこれ以上歩く気はしない。
小屋の受付で本隊のことを聞くと、早い時間に北穂に向かったという事だった。
受付を済ませて大部屋の布団に横たわると、知らぬ間に寝入っていた。
二時間ほどしてから起きて、テラスでコーヒーを飲みながら本隊の下山を待つ。

テラスから見上げる前穂と前穂北尾根
d0117565_22075065.jpg
d0117565_22080246.jpg
日が陰って寒くなってきたので小屋に入りしばらくするうちに本隊のメンバー4人が下山してきた。
再会と明日の登頂を祈って祝杯をあげ、夕食後は早々に就寝した。

9月20日午前4:40起床。朝食を済ませ、身支度を整えて5:30出発。
天気は曇りだが風も弱く、小屋の位置、2350mの高さにしては寒くない。
徐々に明るくなる中を順調に歩を進める。

ザイテングラード(奥穂への登山道)途中から見る北穂
d0117565_22081317.jpg
7:50稜線上にある穂高岳山荘に到着。涸沢側はほとんど風がなかったが、飛騨側からは強い風が吹いていて寒い。ここで小休止、各自携帯食などを補給して出発。

穂高岳山荘前から見る奥穂への登り
d0117565_22083108.jpg
終始強い風に吹かれる中、9:15奥穂山頂に到着。およそ40年ぶりの山頂で感慨もひとしおであるが、風が強く、じっとしているととにかく寒い。郷愁に浸る間もなく、とりあえず記念撮影だけ撮って先へ進む。
d0117565_22085398.jpg
奥穂山頂付近から槍を望む
d0117565_22091029.jpg
時々吹き倒されそうになるような強風の中を前穂に向かう。振り返ると奥穂山頂付近ではガスが出始めている。
d0117565_22102259.jpg
11時を少し過ぎたころに前穂山頂直下の紀美子平に到着。ここに荷物を置いて、から身で登れば山頂までは30分足らずなのだが、時々吹き倒されそうになるほどの強風の上ガスがかかり始めている。山頂に行っても眺望も得られないだろう。全員以前に登頂していることもあり無理せず下山しようということになった。
2時頃に宿泊予定の岳沢ヒュッテに到着したが、その夜は「予約がいっぱいで5人は厳しい。できる事なら下山してほしい」と言われて、止む無く上高地に向かう。
ここで終わり。やっと靴が脱げる、と思っているところに、再び歩くというのは精神的にも肉体的にもかなり厳しいものがある。
まあ、そうこうしながらも無事に下山。
いろいろあったが、終わってみれば実に充実した二日間であった。




# by katabami03 | 2017-09-22 21:37 | 旅・山 | Comments(3)

あのローラーたちは?(高崎物語65)

8月がお休みだったので2か月ぶりの高崎。西口の様子が変わっている。
駅前ロータリー北側に建設中の商業ビルは以前から工事中だったが、その全貌が見えてきた。
d0117565_17581114.jpg
写真中央の照明塔の基部は最近まで植栽と、広場というほどではないがちょっとした空間があった。
高崎に通い始めたころ、この広場(と呼ばせていただく)では、竹の子族のような風貌の子供たちが踊っていたり、またある時期はロックンローラーが5、6人で踊っていたりしていた。
その後は時々イベントの看板や飾りものを置くのに活用されていたが、このたびの工事で随分と縮小された。その分駅前の道路が広くなったのか。
こちらの方が土地の有効利用になるのだろうが、なくなってみるとちょっと淋しい光景でもある。


# by katabami03 | 2017-09-11 18:12 | 高崎物語 | Comments(3)

星先生。

d0117565_17360559.jpg
この角の家は我が家から徒歩5分ほどのところにある星医院。
先生が診察、奥さんが薬局と会計という、我々の世代には懐かしい町医者だ。
今の地に越してきたときは長男が3歳、次男が1歳だったか。子供はすぐに熱を出したり風邪をひいたりするので度々お世話になった。
私もちょっとした風邪ひきの時や花粉症の薬をいただきに通ったものだ。
先生はすぐ近くにある小学校の校医もされていたので、子供たちは丸ごとお世話になっている。
星先生が看板を下ろされてから、もう1年以上になるか。
数年前にしばらくの間入口のシャッターが閉まっていたことがあった。人づてに聞いたところでは体調を崩されたとの由。その後復帰して開業を続けていたのだが、それもしばらくの間で、とうとう閉院された。
星先生と奥様、お達者で過ごされているのだろうか。
この道を通るたびにそんなことを思っている。


# by katabami03 | 2017-09-04 17:57 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(0)

雨中の尾瀬。

子どもたちも手から離れどこかに遊びに連れていく必要もなくなった。そんなこんなで今年の盆休みは家でダラダラと過ごしているうちにいつの間にか終わってしまった。とはいえやはりリフレッシュは必要。尾瀬一泊の旅に出かける。
尾瀬には若いころ数度行っているが、雪のない時期というのはなんと今回が初めて。ということで今回は山には登らず、沼と原を散策してくることにした。
東京方面から尾瀬沼に入る最短路の大清水からはいることにする。
d0117565_21031388.jpg
三平峠まではしばしの登り。登り始めて間もなく雨が降り始める。樹林帯の中でもあるし、カッパを着るほどのこともない。この日の東京の予想気温は35度。ひと汗かいて三平峠に到着。ここからは15分ほど下れば尾瀬沼だ。
d0117565_21075653.jpg
相変らずの小雨模様のなか、三平下からは木道や石が敷かれた平坦な道を20分ほどで今夜の宿「尾瀬沼ヒュッテ」に到着。
尾瀬の宿は風呂付が多いと聞くが、この宿にも山小屋とは思えぬような風呂があった。
環境保護のため石鹸シャンプーは使用禁止だが、汗を流せるだけでも十分ありがたい。

早めの夕食後は近くの大江湿原に散歩に行く。
ニッコウキスゲはもう終わっていたが、それでも数種の花が咲いている。尾瀬は本当に花の多いところなんだなあ。
d0117565_21211060.jpg
d0117565_21212726.jpg
オタカラコウ
d0117565_21223509.jpg
コオニユリ
d0117565_21213871.jpg
サワギキョウ
d0117565_21220482.jpg
オゼミズギク
d0117565_21374045.jpg
これはニッコウキスゲの実
d0117565_21224904.jpg
翌朝目覚めると雨の音がする。予報ではこの日から晴れるはずだったのに・・・。
小屋の情報でも終日降ったり止んだりとのこと。
そんなわけで、雨脚が弱まるときを見計らって下山することにした。

雨に煙る尾瀬沼。
d0117565_21372203.jpg
d0117565_21370848.jpg
復路見かけた花など。

トリカブト
d0117565_21393368.jpg
ゴゼンタチバナの実
d0117565_21404066.jpg
オゼヌマアザミ
d0117565_21413406.jpg
ヒメシャジン
d0117565_21184457.jpg
若干消化不良ではあったが、雨の中を歩くのは嫌いではない。
久々の雨中歩行で頭をすっかりカラッポにして帰ってきた。



# by katabami03 | 2017-08-26 10:12 | 旅・山 | Comments(4)

ふとセミの周期を想う。

予想外の涼しいお盆だった。
子供たちが小さいころは毎年どこかに出かけていたが、今年は遠出をすることもなくダラダラと過ごしているうちにいつの間にか盆休みも終わってしまった。ウダウダ過ごした日々であったが、天気が悪かったことも手伝って、それなりのいい休養になったと思える今日この頃。これが年相応というものなんだろうかねえ・・・。

昨日は一応仕事始めということで、池袋の教室に行く。
池袋駅前から護国寺方面に伸びる道、およそ300~400mくらいだろうか、両側は見事な緑の回廊となっている。
d0117565_20593016.jpg
この辺りはいつの頃からか「グリーン大通り」と名付けられている。
こういう命名って大概名に反してショボいことが多いのだが、ここはその名に恥じぬ見事な並木道に成長している。
昭和30年ころの池袋駅前の写真を見るとそこにはまだ戦後の匂いが漂っていて、およそ緑のひとかけらもない光景が見て取れる。
この辺りの植栽は日本の高度成長期と合わせるように企画、整備されてきたものだ。平和な時代が続いたからこそこういう姿が生まれたのだとたびたび思う次第。

昨日この道を歩いている時もそうだったのだが、今年はミンミンゼミの鳴き声が例年以上に多いと思う。周期として発生数の多い年なのだろう。
そこで疑問なのだが、セミはその種類によって地中にいる時期が異なるのだろうか。個体によってちょっと早めに出てきてしまったのがいたり、のんびりしていて普通より遅く出ていたりするのがいればもっとバラケると思うのだが、ほとんどのセミは律儀なのだろう。
若いころ一時期瀬戸で過ごしたことがあったのだが、ある年アブラゼミが大発生した年があった。それはもうすさまじい数で、夜など窓を開けていると度々室内に飛び込んでくるほどだった。
もしセミによって成虫になる周期が異なっているようだったら、ある年にはAセミとBセミの大発生の周期が重なる年もあるだろう。そうなるとその鳴き声、多分ハンパないすさまじさなんじゃないか?
・・・そんな他愛のないことを考えながらの8月17日。


# by katabami03 | 2017-08-18 21:34 | 私は思う。(日々雑感) | Comments(2)